青汁の抗酸化作用で老化防止@アンチエイジングに効果大

 

誰でも年は取りたくありませんよね。体内年齢も見た目年齢も少しでも若くありたいと願うものです。老化させてしまう原因として考えられているのが酸化です。身体が酸化してしまうことで、どんどんと老化してしまい、お肌の張りもなくなっていき、内臓も弱っていってしまうのです。一方で抗酸化作用のある食べ物があります。抗酸化作用はアンチエイジング作用と強い関係性があるとのことで話題になっています。抗酸化作用のあるの見ものとして知られているのが青汁です。こちらでは、青汁のもつ老化防止機能についてお話します。青汁でアンチエイジングをしたいと思っている方は必見です。

 

 

■青汁のアンチエイジング効果の中身とは?

 

・青汁には抗酸化作用のある物質が多く含まれている!

 

青汁の注目成分としては、酵素やビタミンEそしてビタミンCなどがあります。実はその3つの成分の全てが抗酸化作用があるとされているのです。しっかりと摂取することで、高い機能が得られると話題になっています。青汁には、複数の抗酸化作用のある成分を一度に摂取できるメリットがあるのです。しかも、前述した3つだけではありません。たとえば、ケールといった素材に多く含まれているメラトニンといった物質があります。睡眠に良い働きをもたらしてくれる成分として知られているものですが、そのメラトニンにも老化防止機能があるとされているのです。さらに葉酸にもアンチエイジング機能があるとされ、青汁にはたくさん含まれていますこれだけたくさんのアンチエイジング作用のある成分を豊富に含んでいるものは、青汁以外には中々ありません。少しでも若返りたい方におすすめなのが青汁なのです。

 

 

■青汁の注目成分「メラトニン」の主な効果とは

 

・活性酸素の活動を抑制してくれる

 

身体が老化する原因として考えられているのが活性酸素の発生です。活性酸素が発生することで、細胞単位での老化が起こってしまいます。細胞単位での老化といったものが起こってしまうと、中々体の調子も優れなくなります。たとえば、だるさが出てきてしまったり、やる気が起きなくなってしまったりなどといった状態になってしまうことも。メラトニンには強力な活性酸素を抑制させる機能があります。活性酸素はシミやシワの原因にもなるので、お肌の機能向上との効果も期待できます。たとえば、お肌の透明感がまして美白になりやすい作用まで期待できるのです。特にお肌は年齢を感じさせるものです。若く見せるためには、綺麗なお肌を得ることが何よりも必要になってきます。

 

 

■青汁の注目成分「葉酸」の主な効果とは

 

・お肌のターンオーバー促進機能あり

 

 

葉酸は基本的に妊娠中や授乳中の利用がおすすめされる成分です。胎児への栄養供給がしやすくなったり、胎児に奇形の発生が抑制できたり、といった機能があります。公に効果が認められており、厚生労働省より妊娠時や授乳時には特に多く葉酸を摂取するように発表されているのです。そんな葉酸ですが、お肌を美しくする機能があることが分かっています。お肌の美しさはターンオーバーが大きく関わっています。ターンオーバーが正常化している状態であれば新しいお肌がお肌の表面にある状態になります。綺麗で透明感がある、といった感じになります。

 

しかし、年齢が高くなるとターンオーバーに問題が発生します。通常は28日間隔であるのに、40日間になったり50日間になったり、間隔が空いてしまうことも考えられるのです。年齢なので仕方ない部分もありますが、ターンオーバーの間隔が広くなると表面にある皮膚は古くなります。メラニン色素なども混じってしまいくすみなどが発生するのです。年齢をどうしても感じさせてしまうことになります。

 

葉酸には、血行促進作用があります。血行が促進されることで、皮膚を生成する細胞にも栄養がたっぷりと送られます。たっぷりと送られた皮膚を生成する細胞は新しい皮膚を積極的に作り出します。その結果、ターンオーバーが促進され古い角質が取り除かれやすくなるのです。見た目的なアンチエイジング効果が期待できます。

 

 

 

美容におすすめ美容青汁ランキングはコチラ!!

 

        ↓↓↓

 

 

 

■青汁と併用したほうが良いアイテムはあるの?

 

・良質なタンパク質を摂取しよう

 

青汁にはほとんどタンパク質が含まれていないので、食事で良質なタンパク質を摂取しなければなりません。タンパク質には体を作る機能があります。摂取量が少なくなると、新陳代謝も悪くなり体の状況が悪くなることも考えられるのです。良質なタンパク質ですが、例えば大豆があります。低カロリーで高淡白なので健康的な食品でもありますさらに、魚介類も比較的低カロリーなのでおすすめです。鶏肉も脂肪分が少なめなので、良質なタンパク質と言えます。

 

 

・オリーブオイルがおすすめ

 

料理などにオリーブオイルを加えるのがおすすめです。オリーブオイルには悪玉コレステロールを減らす機能があり、体内のアンチエイジング作用があるんですよ。でも、オリーブオイルを使う料理ばかり食べているわけにもいかないですし、生のオリーブって常に冷蔵庫に入っている食材ではないですよね…。そこで、自宅にある食材や手軽に手に入る食材で簡単に作ることができるエイジングケア青汁スムージーのレシピを紹介したいと思います。オリーブオイルもいいですが、興味がある方はぜひお試しください。

 

 

青汁を使ったスムージーで美味しくお手軽にエイジングケアしよう!!

 

           ↓↓↓↓

 

 

 

 

 

 

 

M子の青汁ランキングの人気記事

 

 




ふるさと青汁