厚生労働省によると1日350gが野菜の目標摂取量といわれていますが、わかっているけどなかなかその量を食べるのって難しいですよね〜〜〜〜。野菜が不足しやすい現代の食事を考える必要があり、本当なら野菜たっぷりの食事をして欲しいと思っています。できれば野菜はきちんと食べたいけどなかなか難しい・・・野菜を食べるだけでは補えない部分を青汁で補えるといい・・・と考えて食事をすると健康力アップにつながります!!青汁といわれているケール、桑の葉、明日葉、大麦若葉にはこんなにたくさんの成分と効果があります。野菜に同等、それ以上の青汁パワーを発揮します!!

 

 

 


人気の青汁「ふるさと青汁」口コミ@実際に飲んで効果を試してみた

サンスター粉末青汁口コミ|味や効果を比較しました


サプリタイプの青汁ならステラの贅沢青汁@口コミでも効果を実感
【サンスター】おいしい青汁を飲んだ口コミ|健康に効果のある青汁

 

 

飲みにくいといわれているケールを使った青汁は栄養価が高いです。βカロテン、ビタミンAが多くガン効力に効果的といわれています。抗酸化力が強い栄養素で活性酵素をおさえ、体内の不飽和脂肪酸の酸化を防ぐ働きがあるのでカルシウムもキャベツの5倍、野菜の中でトップクラスです。ビタミンCは6.5倍でsビタミン、ミネラル、食物繊維たっぷりで野菜の王様です。栄養価だけを考えたらいいのですが、苦手なひとが多いのが事実です。野菜不足のひとって野菜嫌いな人が多いじゃないですか?!そんな人にケールはハードルが高いような気がします。飲めるなら間違いない栄養素たっぷりです。

 

ビタミンC、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンA、亜鉛、鉄、マグネシウム、カルシウム、食物繊維、各種フラボノイド、カロテンなどバランスがいいです。注目なのは、桑の葉特有の成分である、1-デオキシノジリマイシン(DNJ)です。DNJは酵素の一種であるα-グルコシダーゼと結び着く性質を持っていて、糖分の吸収を緩やかにして、食後の血糖値ピークの上昇を抑える作用、インスリン分泌を抑制する働きがあるとされています。そのため、桑の葉は糖尿病の予防に効果的であると考えられています。桑の葉はそのほかにも豊富な栄養成分から、二日酔いの予防や便秘の解消、むくみの予防、アンチエイジングなど、様々な効果効能が期待されています。

 

ビタミン10種類中6種類・ミネラル5種類中3種類、食物繊維はほうれん草やケールのほぼ2倍でほうれん草やケール以上にβカロテンが非常に多く含まれています。βカロテンは抗発ガン作用や動脈硬化の予防で知られていますが、その他にも体内でビタミンAに変換され、髪の健康維持や、視力維持、粘膜や皮膚の健康維持、そして、喉や肺など呼吸器系統を守る働きがあります。明日葉はカルコンとよばれるポリフェノールの一種の成分によって糖尿病、肥満、脂肪肝、抗酸化作用、むくみなどいろいろな症状の改善が期待されています。デトックスによるむくみ解消や便秘解消など注目されているので健康目的にオススメです。セルライトで悩む女性にも明日葉はいいといわれている成分です。

 

抹茶風味で飲みやすく、野菜嫌いなひとでも飲みやすいといわれています。健康促進におすすめな大麦若葉は、生活習慣病予防・アンチエイジング効果・骨や歯の強化・冷え性改善・肌荒れ改善・精神安定・貧血予防・免疫力向上・疲労回復・夜盲症予防・眼精疲労緩和・ストレス軽減・便秘解消といったたくさんの健康効果が期待できると言われています。がんの予防や整腸効果が期待できる、アルツハイマーの予防にもなって、美容にも良いとたくさんの効果があるといわれてたくさんの人に飲まれている青汁成分です。栄養バランスが良くて、まんべんなく栄養素を取り入れることができるので身体に嬉しい効果たっぷりです。食物繊維やクロロフィルがたっぷり!!コレステロール値を抑える働きがあって、胆汁酸やナトリウムの排出を促す働きもあります。野菜が苦手な人は、まず飲みやすい青汁から初めて野菜不足の解消をしたほうがいいと思います。

 

青汁にはビタミンミネラルなどの成分がたっぷり!!だから美肌、アンチエイジング、老化防止の効果があって身体の内側からキレイになれるといわれています。抗酸化作用といってそのパワーが青汁はすごいです。活性酸素という有害な物質が発生して、身体のなかをさびつかせたり、肌の弾力をなくしたり、細胞がガン化したりしてしまうのです。でも、青汁に含まれる野菜のビタミン、ミネラル成分は活性酸素を抑えたりする働きがあるので血液循環も良くなり、代謝もアップで身体の中からアンチエイジングでキレイにしてくれます。抗酸化作用の力はすごいですね。身体の中から若々しく健康を目指しましょう〜!

 

青汁にはたくさんの栄養素たっぷり〜〜〜!!普段の食事だけでは補いきれない栄養素をたくさん取り入れることができます。手軽に取り入れることができるので健康維持のためにも積極的に取り入れてほしいですね。毎日、飲み続けることで身体がかわってくるはずです♪♪健康のために青汁!!毎日の一杯から変われます。青汁の健康といったら、やっぱりケール!!野菜の王様というだけあって栄養価が高いです。でもふるさと青汁の明日葉の栄養素がケールよりも優れているというからオススメ!!M子は明日葉に含まれる『カルコン』という成分に注目!!ポリフェノールの一種で、血液をサラサラにし、血流やリンパの流れをよくする作用が高い成分です。明日葉は栄養豊富で、青汁で人気で、生活習慣が気になる方、甘いものがやめられない、美容を気にされている方から注目されています。健康を意識したら、明日葉の青汁もぜひオススメしたいです。

 

 

 

青汁1杯は野菜の量に換算すると何g?野菜不足は補える?

青汁は体にいい!
野菜の代わりになる!

 

ということは分かっていても青汁1杯で何gの野菜に相当するのか分からない、という人が多いのでは?

 

そこで青汁1杯の野菜換算量を調べてみました。

 

それに合わせて青汁プラスこれだけ食べればオッケーという野菜の量もまとめておきましたので、ご覧くださいませ。

 

これさえ知っておけば野菜不足とは無縁になります

 

 

1、 青汁の野菜換算量は?

 

各青汁メーカーによって含まれる栄養素や量が異なりますが、大体青汁1杯あたり、50gから100gの野菜の栄養が摂れます。

 

50gから100gの野菜、というとキャベツなら大きな葉っぱ3枚、玉ねぎなら半分、ピーマンなら4つ、もやしは半袋、などかなりの量になります。

 

 

2、 毎日どれくらいの青汁を飲めば良い?

 

青汁を飲む量は、自分が毎日食べている野菜の量で決めましょう。

 

野菜が300gとれているという人は1杯で大丈夫ですし、250gしかとれていないという人は2杯必要です。

 

だからと言って、全ての野菜を青汁で補おうとは思わないでください。

 

過ぎたるは及ばざるが如し、ということわざの通り、いくら体に良い青汁も飲みすぎれば体調を悪化させる可能性があります。

 

1日あたり最高で2杯にしておきましょう。

 

また、青汁に満遍なく野菜の栄養が含まれているからといっても完全な食品ではありません。

 

じゃがいもや大根に含まれる炭水化物は入っていません。

 

できれば自力で150gは野菜を食べるようにしましょう。

 

その時は、青汁に含まれていない栄養素を多く含む野菜を選ぶとよいでしょう。

 

 

3、150gの野菜ってどれぐらい?

 

さて、青汁を1日に2度しか飲めない、となると最低限1日150gは野菜を食べる必要があります。

 

150gの野菜の量はこんな感じです。

 

・ キャベツの千切り両手にいっぱい
・ サラダはボール1つ分
・ トマト1個
・ 玉ねぎ1個
・ じゃがいも1個半

 

いかがですか?これならなんとか食べられそう、と思いますよね。

 

日頃から野菜を全く食べられていない、野菜が嫌い、という人はとりあえずこのどれかを食べてみましょう。

 

慣れてきたら少しずつ量を増やせば良いのです。

 

同じ食材ばかり食べるのはよろしくありませんので、毎日日替わり、もしくは複数の食材を組み合わせて食べられるようになりたいものです。

 

しかし、忙しければ青汁2杯に野菜150gでも問題ありません。

 

野菜を食べなきゃ!と思ってストレスを感じるよりは青汁を飲んで心が健康でいる方が大切です。

 

 

あなたは大丈夫?野菜不足チェック!野菜不足の恐ろしさとは?

小さい頃は「野菜も残さず食べなさい!」と親に言われていたのである程度の野菜を取れていた人も大人になったら外食の増加や面倒臭さから中々野菜をたべることができませんよね。

 

「私は結構食べているから大丈夫」と思っていても厚生労働省が推奨している1日の野菜摂取量には達していない人が多いのです。

 

「けど野菜を取らないとどうなるの?体に悪い、って言うけど具体的にどうなるの?」

 

と感じる人も少なくないと思います。

 

そこで、簡単にできる野菜摂取量チェックと野菜を食べなかったらどうなるか、をご紹介します。

 

 

1、 誰でも簡単!野菜不足チェック

 

日本人が1日に摂るべきと言われている野菜は350gです。

 

350gの野菜というとピンとこないので100gの野菜の量をご紹介します。

 

100gの野菜
ピーマン5個
おくら10本
レタス2分の1
もやし2分の1袋
ブロッコリー1個
ほうれん草2分の1
かぶ 1個
たまねぎ 2分の1個

 

この中から3つと半分選ぶと350gになります。

 

ただし加熱してしまうと栄養価が落ちてしまうのでもう少し必要になります。

 

いかがですか?

 

今日食べた野菜はこの3.5倍もありますか?

 

 

2、 野菜が不足するとどうなるの?恐ろしい症状とは

 

野菜が不足することで起きうる恐ろしい症状をご紹介します。

 

 

・ ストレスがたまりっぱなしでうつ病発症

 

野菜に多く含まれるビタミンCには抗ストレス作用があります。

 

ビタミンCが不足すると、寝てもストレス解消法を行っても中々すっきりとせず疲れが抜けない、気分がすっきりしない、という状況から抜け出せなくなり、うつ病を発症する可能性もあります。

 

 

・ 高血圧による心臓病、脳卒中

 

野菜に含まれるカリウムには高血圧の原因物質であるナトリウムを排出するカリウムが含まれています。

 

それが不足すると血圧を正常に保つことができなくなり高血圧となり、心臓病や脳梗塞、脳出血を発症する確率が高まります。

 

 

・ 糖尿病や高脂血症

 

野菜に多く含まれる食物繊維は血糖値の急激な上昇を抑える働きがあります。

 

食物繊維が不足することで血糖値が恒常的に高くなり糖尿病を引き起こす可能性があります。

 

また、食物繊維は脂質の吸収を抑える働きがありますので、不足するとコレステロールや中性脂肪が高くなります。

 

 

3、 まとめ

 

これらの症状以外にも野菜が不足することで骨粗鬆症やがんなどを発症するリスクが高まることが分かっています。

 

老化が早まる、お肌がぼろぼろになるという研究結果もあります。

 

野菜不足チェックで野菜が不足しているな、と思ったら積極的に野菜を食べるようにしましょう。

 

生活リズムや偏食で野菜を思うように食べることが出来ない、という人は青汁などで無理なく野菜の栄養をとるようにするとよいでしょう。

 

 

全世代で深刻な問題に。青汁で野菜不足を解消!

日本人の野菜不足が深刻といわれています。

 

毎日の食事から野菜の摂取量を増やすことが難しい方は、補助的に青汁をご利用になってはいかがでしょうか。

 

 

野菜が不足している日本人

 

日本人は野菜をしっかり食べていると思っていませんか。

 

ヘルシーな食生活を送っていると思われがちな日本人ですが、野菜に関しては摂取量が不足しています。

 

厚生労働省が行った国民健康・栄養調査(平成24年)によると、全世代で野菜の摂取量が不足していることがわかりました。

 

その摂取量は、野菜をあまり食べないと思われがちなアメリカ人より劣っているといわれるほどです。

 

日本人が野菜を食べなくなった理由は、ライフスタイルの変化などの影響と考えられています。

 

築き上げたライフスタイルを変えることは簡単ではありません。

 

野菜不足を解消したい方は、青汁の利用などお手軽な方法で野菜不足の解消を目指したほうが良いでしょう。

 

 

野菜不足が健康に与える影響

 

野菜が不足すると何が問題なのでしょうか。

 

野菜には、ビタミンやミネラル、食物繊維など健康に嬉しい栄養がたくさん詰まっています。

 

これらは生活習慣病の予防に役立つことがわかっています。

 

つまり、野菜が不足すると、生活習慣病のリスクが高まるのです。

 

厚生労働省が推奨する一日の野菜摂取量は350gです。

 

1食1皿、1日5皿以上の野菜を食べることを推奨しています。

 

一見すると簡単に見える取り組みですが、これまで野菜不足だった方が毎日続けられるでしょうか。

 

続ける自信がない方は、青汁などを野菜摂取の補助役として利用したほうが良いでしょう。

 

 

青汁で野菜不足を解消

 

青汁は、明日葉や大麦、ケールなど緑葉野菜を絞った汁のことです。

 

野菜をそのまま絞っているので、青汁の中にはビタミンやミネラル、食物繊維が豊富に含まれています。

 

通常、緑葉野菜を食べるには調理が必要ですが、青汁であれば水に溶かして飲むだけです。

 

非常にお手軽なので、朝の忙しい時間であっても、青汁を飲むことができます。

 

つまり、現在のライフスタイルを変えることなしに、野菜を補うことが出来るのです。

 

忙しい現代の日本人にとって、非常に効率的な野菜の補い方といえます。

 

もちろん、これだけで一日に必要な野菜すべてをまかなうことは出来ませんが、野菜不足を補うには十分と考えることが出来るでしょう。

 

野菜不足が気になりながらも、解決策が見いだせない方は、青汁を補助食品としてご利用になってみてはいかがでしょうか。

 

 

まとめ

 

野菜を意識的に摂取している方でも1日350g以上の野菜をとることは簡単ではありません。

 

野菜が不足しがちと考えている方の場合、深刻な状態にあるかもしれません。

 

野菜不足が気になる方は、青汁を補助食品としてご利用になるとよいでしょう。

 

 


人気の青汁「ふるさと青汁」口コミ@実際に飲んで効果を試してみた

 

 

 

 

青汁総合ランキング

 

美容青汁ランキング
ダイエット青汁ランキング
青汁サプリランキング
お得な青汁比較