いつまでもぷるすべ肌でいたい〜〜〜!

肌荒れしていたり化粧ノリが悪かったりするとその日1日がなんだかどんよりしてしまいますよね。肌がキレイなだけで見た目の年齢が断然若く見えたり、と肌がきれいなことは見た目年齢にとっても重要ですよね。青汁というと健康にいいイメージがとても強いですが青汁には美肌作りに必要ないろいろな栄養素がたっぷり含まれているんですよ〜!肌荒れの原因は様々ありますが、若々しい肌を保つ秘訣は肌の新陳代謝であるターンオーバーが正常に行われるようにすることです!

 

肌のターンオーバーの周期には個人差がありますがだいたい20代の元気な肌で28日程度と言われています。年を重ねるごとに新陳代謝が悪くなりターンオーバーの周期が伸びていきます。

 

 

年齢が若いほどターンオーバーの周期が早く、いつも新しいぷるすべ肌!じゃあターンオーバーを早くしたい!と考えがちですがターンオーバーは早くても遅くてもダメなんです。日焼けをした後に皮がむけたりしますよね。これは日焼けによってダメージを受けた表皮が修復を急ぐためにひと皮むけるという現象。それから洗顔のしすぎ等で肌をこすりすぎると角質細胞を無理に剥がしとってしまいます。このような場合やアトピー等で肌が炎症を起こしている場合、肌のターンオーバーが非常に早まっている状態です。ターンオーバーが早すぎると十分に成長していない細胞が表面に出てきてしまします。通常細胞が生まれてから保湿成分などを作りだしながらじっくり時間をかけて角質層まで出ていきます。保湿成分などが十分に作られなかった肌はゴワゴワ・・・乾燥肌や敏感肌、毛穴の開きや黒ずみくすみ、ニキビなどの肌トラブルの原因になります。

 

 

 

洗顔のしすぎで皮脂を落としすぎてしまったり、季節や肌に合わない化粧品で肌を刺激してしまったりまちがったスキンケアで肌荒れが原因になることがあります。この場合は化粧品を変えたり、洗顔方法を変えたりすると改善することが多いです。それでも改善しない場合は内臓など体内に原因があると考えられます。
良い睡眠が取れていないと肌荒れしてしまうというのは今は常識になっていますね。肌の新陳代謝であるターンオーバーは睡眠に入ってから3〜4時間後に一番活発にされると言われ、この時間は肌のシンデレラタイムとも呼ばれています。このシンデレラタイムに美肌作りに欠かせないコラーゲンが作られたり、成長ホルモンが分泌されたりします。成長ホルモンは肌組織の修復や再生、皮下組織の水分維持、新陳代謝の促進に重要な役割をもっています。
便が長く腸に留まることで腸内環境を整えている善玉菌が減り、有害物質やガスを発生させる悪玉菌が増えます。悪玉菌は血液に乗って全身に回り肌の毛穴から外に排出されようとします。この時に本来肌の代謝に使われるはずの機能が悪玉菌を排出するのに使われてしまうため肌荒れをおこしたりしてしまいます。そもそも便秘の時には体の本来の機能が滞っているため、肌の新陳代謝も滞ってしまっている状態にあります
暴飲暴食、偏食やダイエットで必要な栄養素が不足したり、特定の食品や栄養素が過剰になったり、栄養の摂取バランスが悪くなると肌荒れだけでなく様々な不調を招きます。脂質や糖質を多く摂りすぎると皮脂分泌を増加させ、ニキビなどの原因になります。タンパク質やビタミンが不足すると新しい皮膚が作られるのが滞り、ターンオーバーサイクルの乱れにつながります。また必須脂肪酸が不足すると角質層の保湿力の低下や毛穴周辺の過角化を引き起こします。
秋〜冬にかけての季節的な乾燥もありますがエアコンなどで乾燥してしまう場合もあります。乾燥した空気に触れ、肌の水分が逃げてしまうことで乾燥肌や肌荒れが起こります。また肌の新陳代謝であるターンオーバーが正常に行われなくなると、肌のバリア機能や保湿力が低下し、肌が乾燥することによって肌荒れを引き起こします。
ストレスによる自律神経の乱れでリンパや循環器のめぐりが悪くなることで肌に充分な栄養分や酸素を送ることが出来なくなります。その結果、肌のターンオーバーが乱れ湿疹、かさつき、ニキビ吹き出物、シミなどの肌荒れとして現れてしまいます。
ストレスや不規則な生活、睡眠不足、過度なダイエット、生理前や更年期など女性ホルモンは繊細でちょっとしたことで崩れてしまいます。ホルモンバランスが崩れると体の不調やニキビ、吹き出物肌荒れなどを引き起こしたり精神的に不安定になったりとさまざまな症状が現れます。
美肌のポイントは肌のターンオーバーを正常に行うようにすること。ターンオーバーを正常な周期に整えるには、、、

 

 

肌の細胞は私たちが食事で摂り入れた栄養素から作られます。健康な肌細胞を生成するには毎日の食事で豊富な栄養をバランスよく摂取することが大切です。特に肌細胞を作る材料になるタンパク質や、肌細胞を組み立てるときに使われるビタミン類や亜鉛は積極的に摂りたい栄養素です。青汁の原料として使われる大麦若葉やケール、明日葉にはビタミンやミネラル、食物繊維が豊富で肌再生、コラーゲンを作るのに必要な成分がたっぷり含まれています。更に豊富な食物繊維が腸内環境を整え、結果的には美肌や脂肪を蓄えにくい体作りが出来ていきます。

 

 

青汁を飲んでまずすぐに実感できたのが便秘解消だったんです!「肌は内臓の鏡」と言われるほどで美肌を目指すなら過度なスキンケアより腸内環境なんですね。体が健康な事で本来の体の機能が正常に行われていきます。もちろん肌のターンオーバーも体が元気じゃないと正常に働きません。腸美人になるということは肌美人になるということです〜!!青汁を飲んでいると腸がどんどんキレイになっていくのが実感できますよ〜!腸を若返らせて肌も若返らせる、アンチエイジングにもバッチリでやっぱり青汁はおススメです!

 

 

 


人気の青汁「ふるさと青汁」口コミ@実際に飲んで効果を試してみた

サンスター粉末青汁口コミ|味や効果を比較しました

美容・健康効果のある青汁!酵素青汁111選セサミンプラスを飲んでみた
「フレッシュフルーツ青汁」の効果を実際に飲んで口コミします

 


美肌効果だけじゃない!青汁は美白効果も期待できます

青汁には美肌効果があることでも知られています。

 

お肌が綺麗になるということは、特に女性にとってはありがたい効果ですよね。

 

女性にとってお肌は何よりも大事、と言っても過言ではありません。

 

お肌は年齢を感じさせるものです。

 

お肌の状態さえ良くなれば、年下に見られることも可能です。

 

そこで一つの疑問が出てきます。

 

青汁には美肌効果があるなら、美白効果はないのか、といったことです。

 

年齢が高くなると、シミやそばかすができやすくなります。

 

くすみといったものも出来てしまうのです。

 

年齢的には仕方のない部分ですが、できれば無くしたいですよね。

 

こちらでは青汁の美白効果について徹底解説します。

 

 

■青汁に含まれているビタミンCに美白効果がある!

 

・ビタミンCはメラニンに作用してくれる

 

なぜお肌に色がついてしまうのでしょうか。

 

その原因がメラニンと呼ばれているものです。

 

メラノサイト(メラにの細胞)によってメラニンがたくさん生成されてしまうと、お肌に色を付けてしまいます。

 

日焼けのメカニズムもまさにそのようなものになっているのです。

 

そのメラノサイトに大きく関連してくるのが、ビタミンCです。

 

メラニン色素の生成を抑える機能が認められているのです。

 

ただし大きな問題があるのも事実です。

 

ビタミンCは水溶性ビタミンとなっています。

 

過剰分はすぐに排出される、といったシステムになっているのです。

 

身体に蓄積されないので、定期的に摂取していかなければなりません。

 

だからこそ、青汁などで定期的に取り込んでいく必要があるのです。

 

 

・ビタミンEが肌を健康的な状態にしてくれる

 

ビタミンEの効果として、血管の拡張作用があります。

 

要は、血液の流れを良くする機能があるのです。

 

それがなぜ美白効果につながってくるのか、と不思議に思っている方もいるかもしれません。

 

血管が拡張されて血液が全身をめぐるようになると、毛細血管にも血液が送られるようになります。

 

特に顔のお肌には毛細血管がたくさんあります。

 

そもそも血液は全身に様々な栄養を送っているのです。

 

血行不良になってしまうと、お肌を生成する栄養の供給も滞ってしまいます。

 

ビタミンEを効率的に摂取しておけば、顔のお肌の生成に使われる栄養もしっかりと送り届けられるのです。

 

ちなみに、お肌にくすみが出てしまう原因の一つがターンオーバーの遅れです。

 

28日間隔ではなく45日や55日という感じで間隔が広がると、お肌が古いものになります。

 

その結果、お肌にくすみが現れて、実際に発生したメラニン色素がお肌の中にとどまり続け、色がついて見えてしまうわけです。

 

ビタミンEによって栄養を大量にお肌に送ることができれば、ターンオーバーの期間が短くなります。

 

新しいお肌が出来るスピードが早くなり、28日間隔に近づけるような感覚になるのです。

 

ターンオーバーが促進されれば、お肌の中に入り込んでいたメラニン色素もお肌の外に排出されます。

 

その結果、美白効果がえられるわけです。

 

 

・その他の成分にも注目しよう

 

ビタミンB群や葉酸にも高い日はく効果があることも分かっています。

 

新陳代謝を高める機能があるので、ターンオーバーも促進されるのです。

 

腸内環境を良くしてくれる食物繊維に関しても、美白効果があるとされます。

 

実は腸内環境が整うことで、全身に栄養が効率的に送られるようになるのです。

 

健康的なお肌が生成されるようになり、結果的に美白へ一歩も二歩も近づくわけです。

 

 

■青汁以外の対策も考えておこう

 

美白は一朝一夕に達成できるものではありません。

 

そもそも、青汁だけを飲んでお肌を綺麗にできるわけではありません。

 

その他の対策方法と併用することも必要になってくるのです。

 

 

・紫外線対策を実施すること

 

いかに青汁を飲もうとも、紫外線をたっぷりと浴びてしまっては意味がありません。

 

紫外線を浴びるとメラノサイトが活性化してしまい、メラニン色素を大量に作ってしまうのです。

 

日焼け止めを利用する、といったことも大切です。

 

日傘や帽子を利用することも考えておきましょう。

 

 

・睡眠不足を解消すること

 

お肌に大きく関わっているのがホルモンバランスです。

 

お肌はホルモンバランスが乱れてしまうと荒れてしまいますよね。

 

ホルモンバランスの乱れの原因は様々あるのですが、その中で注意して置かなければならないのが、ストレスです。

 

高いストレスを感じ続けていると、自律神経に大きな問題が発生してしまいます。

 

自律神経が乱れるとホルモンのバランスも乱れてしまい、結果的にお肌に悪影響が出てきます。

 

ストレス対策をすべきですが、関わってくるのが睡眠です。

 

ストレスを効率的に解消するためには、質の良い睡眠をとる必要があるのです。

 

1日あたり何時間寝ているでしょうか。

 

もしも5時間未満であれば大きな問題があります。

 

基本的に、1日あたり6時間から7時間は眠りましょう。

 

睡眠時間が少なすぎるとストレスが解消されない蓄積されてしまいます。


人気の青汁「ふるさと青汁」口コミ@実際に飲んで効果を試してみた

 

 

美容効果抜群の青汁ランキングのおすすめページ

 

 

 

 

 

青汁総合ランキング

 

美容青汁ランキング
ダイエット青汁ランキング
青汁サプリランキング
お得な青汁比較