飲み続けるなら栄養ドリンクより青汁がおすすめ その理由とは?

 

風邪をひいたら栄養ドリンク!疲れがたまっていたら栄養ドリンク!栄養ドリンクって風邪のひき始めや疲労回復に効果絶大ですよね。飲むとシャキッとして元気になります。だったら毎日飲み続ければ体が健康になるのでは?と思いますよね。

 

しかし、それはちょっと危険です毎日飲み続けるなら栄養ドリンクよりも青汁の方がおすすめです。ここではその理由を徹底的に解説します。

 

 

1、 栄養ドリンクを毎日飲み続けると危険!?

 

栄養ドリンクはあくまでも、一時的に活力を取り戻すことを主眼に作られたものです。含有されている栄養素は、エネルギーを引き出すものばかり。飲み続けたからといって便秘が解消したり、血圧が下がったりといった健康効果は期待できません。むしろ、毎日栄養ドリンクを飲み続けることにより、血圧が上がったり、糖分のとりすぎになったりする可能性もあります。

 

実際に、栄養ドリンクを毎日飲んでいた知人は、50歳手前で高血圧が原因の脳梗塞を発症しました。栄養ドリンクだけが原因ではないと思いますが、お酒もタバコも嗜まない健康志向の人だったので驚きました。

 

 

2、 青汁は飲み続けたら健康になる

 

青汁は健康ドリンクとは異なり、主成分は明日葉や大麦若葉、ケールなどの天然の野菜です。健康ドリンクのように飲みすぎによる弊害はありません。むしろ毎日飲み続けることにより体の内側から健康的な体質に変わることができます。血圧を下げる効果や腸内の悪玉菌を排除し、善玉菌を増やす効果、便秘を解消する効果など様々な効果が報告されています。

 

 

3、 それでもすぐに疲れを取りたい場合は?

 

青汁はあくまでも栄養剤ではなく食事に栄養をプラスアルファするものです。それに対し栄養ドリンクはカフェインやタウリンといった成分により活力を生み出すもの。両者は似ているようで効果が全く異なります。毎日飲み続けるには、栄養ドリンクの構成物は化学合成物質が多すぎて体への悪影響が心配です。その点青汁はケールや大麦若葉を粉砕したものなので、毎日飲み続けることによる健康被害は皆無どころか毎日飲み続けることを推奨されています。毎日栄養ドリンクを飲み続けれなければならないほど疲れているのであれば、青汁などで十分な栄養を補充し、疲れにくく活力溢れる体質に作り変えていくことが大切です。それでもなお、日々の疲れを癒すために栄養ドリンクが手放せないというのであれば、青汁を飲み始め、栄養ドリンクをまずは1日おきに減らしてみましょう。次の週は3日おきです。段々と本数を減らしていき週に1本程度になればそれほど体への悪影響も心配ありません。青汁は毎日飲み続けて健康な体を作るもの、栄養ドリンクはいざという時の活力剤、という風に上手に使い分けてくださいね。

 

 

 

この記事の関連ページ

 




ふるさと青汁